北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

北の稔・西村順歌碑

住所 旭川市神居古潭春志内

一般社団法人 旭川観光コンベンション協会

旭川の地名の由来は、アイヌ語で忠別川「チュプ・ペッ」(日・川)の意味で、「日」を「旭」に置き換えて「旭川」と意訳した。
神居古潭とは、アイヌ語で「カムイ(神)コタン(集落)」または、カムイコタン(神の住む場所)の音訳であり、古くよりアイヌの人々の聖地とされてきた。
かつては行き交う舟がよく転覆し、最大の難所であり、しばしば犠牲者が出たことを峡谷に住む魔神の仕業と恐れ、無事な通過を神に祈ることから、カムイコタンという地名になったとする説もあるそうだ。
国道12号線沿いにあり、神竜頭首工小公園内にある。ここは神竜水神宮が奉られる神社もある。
頭首工そのものには近づけないが神竜土地改良区構内にある社殿や石碑を見ることが出来る。(ゲートが開いてないときがあるので注意)
この頭首工は、石狩川をせき止め石狩川中流、北空知の穀倉地帯である深川や秩父別などの農地に水を送りつづける水利施設である。
1922(大正11)年、神竜土功組合が設置され、灌漑溝が1927(昭和2)年に通水し、深川などに送られた。
当時この取水施設には、川の水をせき止める堰堤がなかったため、蛇篭(じゃかご)堰堤に改修したが、洪水などの水害で変形し何度も流され、修理費の負担は毎年莫大なものとなっていた。
農業基盤整備も農業の近代化と米作の拡大により、頭首工の必要性が高まり、1952(昭和27)年、国営灌漑排水事業が行われることになり、10年の歳月をかけ近代的頭首工である「神竜頭首工」を1961(昭和36)年に完成させ、これを記念して碑を建立したものである。
その後、神竜、深川、空知の水利区域の水田の用排水施設の改良と灌漑を目的に、現在の頭首工が国営事業で1990(平成2)年に完成した。


北の稔
題額は、岸信介総理大臣の書。右に碑文が記されている。
碑石は、縦1.65m、横3.25m、三層の台座は高さ1.2m。
碑文
明治32年組合創立の端緒をつかみて以来
幾多の変遷を経て大正11年5月組合設置の
認可を得た。昭和2年現位置より下流600
mに取入口を求め導水し25年間一意米作に
専念してきたが河床の低下は次第に取水を困
難にし畑に還元するもの600町歩に及び完
全なる頭首工より不足なき用水をとの声が組
合員の総意として昭和27年国営事業の着工
となり今此処に近代的な威容を誇る頭首工の
完成をみるに至った。
 組合設置以来40年の才月常に生死を賭し
て石狩川の奔流と闘ひ取水した関係者の苦労
はもとより酷暑厳冬洪水等自然の猛威をよく
克服し晝夜の別なくこの事業に従事した諸氏
の努力に対し満腔の感謝を捧げると共に今は
地下に眠る先覚者の霊を慰め組合員の喜びを
永久に残さんものと竣功の良き日にこの碑を
建立し北の稔が幾久しく豊かであらん事を希
うものである。
昭和37年5月1日
神龍土地改良区理事長 竹田栄松


西村順歌碑
同敷地内、北の稔の裏面にある碑である。建立日は1962(昭和37)年5月
横には事業概要が掲載されている。
「いしかりの
流れをとめる
くるしさも
黄金の稔り
まつぞうれしき」
西村順作
篠田弘作書


西村順とは、詳細不明。
調べたが分からなかったので分かり次第修正します。

岸信介(きしのぶすけ)とは、1896〈明治29)年11月13日 - 1987〈昭和62)年8月7日、日本の政治家、官僚。位階は正二位、勲等は大勲位。
満州国総務庁次長、衆議院議員(9期)、初代自由民主党幹事長、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣(第56・57代)などを歴任した。
東條内閣の一員でA級戦犯容疑者として逮捕されるが、CIAの反共政策への協力を申し出て極東国際軍事裁判への起訴を免れ、国内からの戦争責任の追及も免れ、「昭和の妖怪」という異名をもつ。
1896(明治29)年、11月13日山口県吉敷郡山口町八軒家(現・山口県山口市上竪小路上竪小路付近)に生まれる。
1920(大正9)年、7月東京帝国大学法学部法律学科を卒業。9月任農商務属、商務局勤務。
1922(大正11)年、7月兼任農商務参事官、農商務事務官として山林局勤務、大臣官房文書課勤務。
1928(昭和3)年、11月昭和三年勅令第百八十八号旨に依り大礼記念章を授与される。
1936(昭和11)年、10月依願免本官竝兼官。満州重工、実業部次長として満州に渡る。
1941(昭和16)年、10月東条内閣で商工大臣に就任。
1942(昭和17)年、4月衆議院議員となる。
1943(昭和18)年、10月任国務大臣、商工次官兼任、11月国務相、軍需次官(1944(昭和19)年7月まで)。
1945(昭和20)年、9月A戦犯容疑者として巣鴨拘置所入所(1948(昭和23)年12月まで)。
1953(昭和28)年、3月自由党入党 。4月衆議院議員となる。
1954(昭和29)年、11月自由党を除名。
1957(昭和32)年、2月内閣総理大臣。3月自由民主党大会開催、総裁に当選する。
1960(昭和35)年、7月内閣総理大臣、自由民主党総裁退任。
1979(昭和54)年、国連平和賞受賞、政界引退。

篠田弘作(しのだこうさく)とは、1899(明治32)年7月27日 - 1981(昭和56)年11月11日、日本の政治家(衆議院議員11期)。元自治大臣。1974年勲一等旭日大綬章受章。
1899(明治32)年、7月富山県富山市に二男として生まれる。
1900(明治33)年、富山大火により自宅が焼失。
1908(明治41)年、一家は樺太へ移住、貧困の中で少年時代を過ごした。
1927(昭和元)年、早稲田大学専門部政治経済科を卒業、東京朝日新聞記者となり、その後山形支局長、千葉支局長を歴任する。
1940(昭和15)年、「大日本再生製紙」(日本製紙の前身の一つ)に入社。札幌支店長として渡道し、「大日本再生製紙」勇払工場(苫小牧市)の建設を指揮した。
1946(昭和21)年、1947(昭和22)年、政界を目指すが落選。
1949(昭和24)年、第24回衆議院議員総選挙に民主自由党公認で旧北海道4区から立候補し初当選する。
以後当選11回。その後自由党・自由民主党に所属。苫小牧港建設実現にも尽力した。
1962(昭和37)年、第2次池田内閣第2次改造内閣にて自治大臣兼国家公安委員長として入閣。
1979(昭和54)年、政界を引退する。

蛇籠(じゃかご)とは、鉄線など金網製のかご状構造物の内部に、自然石や砕石などをなかに詰めて河川工事の護岸などに使用される伝統的工法である。形がヘビに似ていることからこう呼ばれた。
古来「じゃかご」は竹を材料として使用していたが技術の進歩により現在の形になった。

国道12号線とは、札幌市から旭川市へ至る一般国道で、総距離は156.8km。


大きな地図で見る
Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system