北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

仁宇布駅逓所跡

住所 中川郡美深町字仁宇布

美深町観光協会

中川の由来は、天塩川の中流にあることに由来する。
美深の由来は、アイヌ語で「ピウカ」(石の多い場所)から。
仁宇布の由来は、アイヌ語の「ニ・ウプ」(木があるもの、または森林)に由来する。
名寄美深道路の美深ICで降りて道道49号美深雄武線を右折し、雄武方向に約18.9kmほど左手。

ニウプ駅逓所は、1911(明治44)年12月13日付けで認可され、1912(明治45)年1月矢敷和佐が取扱人となり、仁宇布25線に開設された。駅逓馬は7〜8頭置かれ、美深〜仁宇布〜上幌内間の継立輸送を行った。郵便も取扱いっていた。その後蓮沼靖氏がこの駅逓を引き継ぎ、1943(昭和18)年頃まで継続して営業され地域に貢献した。
1945(昭和20)年8月に国がこの駅逓所を買い上げ、森林事業の事務所に転用し、さらに美深林務所の所属となり仁宇布作業所となった。
近くには、1985(昭和60)年に国鉄・美幸線が昭和60年に廃止され、 1998(平成10)年7月、美幸線の廃線跡を利用したトロッコ王国が開設され、各地から観光客がやってくる人気のアトラクションがある。

案内板
仁宇布(ニウプ)駅逓所史跡
■はじめに
日本の歴史と共に北海道にも人足伝馬、宿次が制度として歴史に現れたのは17世紀
前半。北海道開拓と共に歩み、支えた駅逓制度。仁宇布(ニウプ)駅逓所は、1911年
12月13日、駅逓として認可され、1912年1月、仁宇布25線に矢敷和佐が管理人とな
って開設された。その後、蓮沼靖が管理人となり1932年現在地の仁宇布208番地に移
転。1943年、駅逓が廃止された。1991年美深町文化史跡。

    開設1911年〜閉設1943年

■モニュメントコンセプト
駅逓は、人々の生活に密着というより、人々の生活そのものであった。人と馬と建物
と三位一体となって、物・心・そして夢を運んだ。仁宇布(ニウプ)駅逓所もその重要
な役割を担い、時代と共に駅逓の役割は終わった。モニュメントベースのフォルムは馬
蹄を表現し、点在している自然石は時代の人々をイメージし、天に自立した石は、人
と馬と建物の三位一体を表現した。石のテスクチャーは歴史(過去〜未来)を伝え、中
央の石の球体は「人々の夢や希望」を乗せた。後世の人々にこのモニュメントを通して、
先人達が残した足跡をしっかり受け継ぎ、さらに発展させながら未来を開拓していく
「継往開来」というメッセージを永遠に発信し続けたい思いで建物解体を機に建立した。
2005年7月25日 建立者蓮沼優裕

ここ仁宇布地区は、1907(明治40)年1線〜22線の間に竹内善兵衛率いる福島県安積団体として佐久間喜助他数戸が入植したのに始まる。現在の部落の中心は25線辺りになり、1908(明治41)年4月に小笠原尚衛がアイヌを道案内に現地調査を行い、仮小屋を設けて開墾に着手した。
1909(明治42)年後藤織衛・石川辰喜・三浦熊太郎・佐伯多次郎らが入植した。
1912(明治45)年1月駅逓が設けられ入植者が増加する。幌内へ通ずる道路も開削され、急速に発展していった。1917(大正6)年頃の澱粉最盛期には100戸余りもあった。
1938(昭和13)年12月には仁宇布郵便取扱所が置かれ、1940(昭和15)年12月郵便局に昇格、郵便・為替・貯金・年金・保険事務なども行った。
1951(昭和26)年の部落戸数は88戸、人口は476人。商店が2・澱粉工場が12・木工場2・小中学校・林務所駐在所・仁宇布診療所などがあった。
1957(昭和32)年7月美深〜仁宇布間の電話が開通する。


1807(文化4)年、近藤重蔵が、天塩川を遡り上川に入り周辺の平野を探検する。西蝦夷地が松前藩領から天領(幕府直轄領)になる。
1811(文化8)年、間宮林蔵天塩川を遡って実測をする。
1821(文政4)年、中川郡・上川郡は天塩場所に属する。幕府、蝦夷地を松前藩に返還する。
1855(安政2)年、蝦夷地が再び松前藩領から天領になる。
1857(安政4)年、松浦武四郎が天塩川を遡り天塩国上川郡、中川郡を踏査する。旧暦6月7日天塩出発、12日恩根内オクルマツオマナイ(恩根内)エカシテカニの家に泊まる。13日ペンケニウプに1泊する。
1858(安政5)年、松浦武四郎が再度立ち寄る。
1869(明治2)年、8月15日蝦夷を改め北海道と名づけ開拓使を設置。11国86郡を設定し、天塩国に上川・中川・利尻・天塩・苫前・焼尻の6郡を定め水戸藩が支配する。
1871(明治4)年、8月1日天塩・上川・中川一帯は水戸藩から開拓使に引き継がれる。
1872(明治5)年、10月8日宗谷支庁中主典佐藤正克らが天塩川を遡り上川郡と中川郡の調査をし、オクルマトマナイ(恩根内)に一泊する。
1880(明治13)年、天塩村に天塩・中川・上川三郡を管轄する戸長役場が設置された。
1888(明治21)年、内田瀞、柳本道義らが植民地選定測量のため美深に入り調査する。
1889(明治22)年、横山荘次郎、石川貞治らが地質調査の為天塩川を遡り石狩川上流に至る。
1891(明治24)年、北海道植民地選定報文が刊行、この中にピウカ原野・オンネナイ原野と書かれる。
1893(明治26)年、増毛外5郡長長林顕三が丸木舟で天塩川を遡り調査する。
1897(明治30)年、5月6日天塩鉄道(現・宗谷本線)旭川より着工。天塩村の戸長役場管轄から中川・上川両郡を分離する。
1899(明治32)年、平喜三郎開拓の鍬を下ろし、美深町開基となる。
1900(明治33)年、山梨磐作、長野県人宮原代太郎入植。
1901(明治34)年、天塩国中川郡を上川支庁に編入、剣淵3ヵ村戸長役場所属となる。徳島県人笠原新吉が恩根内に入植。恩根内16線に官設渡船場設置。11月美深2線にピウカ駅逓所設置。駅逓取扱人に十亀庄平となる。
1902(明治35)年、11月オンネナイ駅逓所設置。取扱人に坂東高三郎となる。大久保農場で水田の試作が始まる。近藤農場内に簡易教育所設置。脇田某が2線に旅館を開く。
1905(明治38)年、2月ピウカ駅逓所を川端駅逓所に改称する。オンネナイ駅逓所を森内駅逓所に改称する。
1906(明治39)年、中川郡に中川村設置、上名寄外3村戸長役場所属となる。中川郡は下名寄村・中川村の2村となる。牧浦文蔵が8線で旅館を開く(市街地最初の旅館)。
1907(明治40)年、上名寄外3ヵ村戸長役場から分離、下名寄外1村戸長役場を美深5線に開庁。福島団体長竹内善兵衛がニウプに入植。
1908(明治41)年、ピウカ駅逓所とオンネナイ駅逓所を9線に移設する。
1909(明治42)年、6月名寄〜恩根内間の鉄道敷設工事着工。
1911(明治44)年、11月3日名寄〜恩根内間を延伸開業、智恵文・美深・紋穂内・恩根内駅を新設。
1912(明治45)年、1月ニウプ駅逓所設置(ニウプ25線)。折扱人に矢敷和佐となる。
1912(大正元)年、9月21日宗谷線に線名を改称。11月5日恩根内〜音威子府間を延伸開業、咲来・音威子府駅を新設。
1914(大正3)年、駅逓廃止する。
1916(大正5)年、北海木材工場自家発電により市街地に電気が点る。
1920(大正9)年、6月1日智恵文村分村、下名寄村を美深村と改称する。7月21日電話が開通。
1921(大正10)年、仁宇布発電所営業開始。
1922(大正11)年、11月4日宗谷線を宗谷本線に改称。
1923(大正12)年、1級町村制施行し、美深町となる。7月1日紋穂内にて石炭掘る。美深駅逓所廃止。
1931(昭和6)年、美深枝幸間鉄道敷設第1回現地調査実施。
1934(昭和9)年、恩根内に水銀発見する(東洋水銀鉱業開発)。
1935(昭和10)年、仁宇布殖民軌道が、仁宇布25線まで開通する。
1944(昭和19)年、道支弁森林軌道仁宇布25線から30線まで延長する。
1945(昭和20)年、小車水銀鉱閉鎖。
1948(昭和23)年、9月27日美深〜枝幸間鉄道敷設予定路線を西尾町長一行が実地踏査。
1951(昭和26)年、美深駅名「ぴうか」を「びふか」に改称。
1952(昭和27)年、7月美深〜枝幸間鉄道の名称を「美幸線」にする。
1955(昭和30)年、8月19日中国人俘殉難者慰霊祭執行。
1957(昭和32)年、7月4日美幸線着工式挙行。
1963(昭和38)年、仁宇布殖民軌道廃止。
1964(昭和39)年、美幸線、美深〜仁宇布間開通。
1973(昭和48)年、美深松山湿原が北海道学術自然保護区に指定される。
1976(昭和51)年、美深松山湿原が北海道自然環境保全地域に指定される。
1980(昭和55)年、美深森林公園内に林業保養センターびふか温泉オープンする。
1983(昭和58)年、森林公園に下村湖人歌碑建立する。
1984(昭和59)年、美深温泉内にチョウザメ鑑賞水槽完成。
1985(昭和60)年、美幸線廃止となる。
1989(平成元)年、シラカバ樹液「森の雫」商品化する。
1992(平成4)年、物産展示館「双子座館」オープン。びふか温泉増改築する。
1993(平成5)年、美深アイランド「双子座館」を道の駅に指定する。
1997(平成9)年、びふかアイランドにチョウザメ館オープンする。
1998(平成10)年、仁宇布トロッコ王国開国する。美深町開基100年記念式典挙行。松浦武四郎踏査之詩碑建立する。
2004(平成16)年、町内初、NPO法人トロッコ王国美深誕生する。
2007(平成19)年、仁宇布地区の新名所、「深緑の滝」「仁宇布の名水」に決定。
美深町史参考

Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system